顔のタイプから似合うメガネを選ぼう!

顔のタイプの種類と共通するポイントについて

似合うメガネを見つけるためには、自分の顔のタイプを知ることから始めましょう。顔のタイプは、大きく分けて4つあります。まず1つ目は逆三角顔タイプです。顔の長さが短く、顎のラインがシャープな点が特徴的です。2つ目の面長タイプは、顔が長く肉付きはほっそりしています。3つ目の丸顔タイプは、額や顎の形が丸く、肉付きもふっくらとしているのが特徴です。4つ目の四角顔タイプは、額が広くエラが張っていて、全体的に大きい印象を与えます。 4つの顔のタイプに加えて、似合うメガネを見つけるために共通するポイントがあります。まずメガネをかけた時に、黒目がレンズの真ん中に来ていることです。また、フレームと眉毛が平行になっていることも大切です。これらのポイントを押さえて、自分に似合うメガネを見つけましょう。

それぞれの顔のタイプに似合うメガネ

顔のタイプが人それぞれ異なるように、似合うメガネも違ってきます。まず逆三角形タイプの人には、小さくて丸いフレームが似合います。例えば、オーバルやフチのないフレームなどです。逆三角形タイプはクールできつい印象を抱かれがちなので、小さめの丸みを帯びたフレームをかけることで優しい雰囲気を作ることができるのです。面長タイプの人は、ウェリントンやボストンといったフレームの縦幅が大きめのメガネが似合います。顔の余白を埋められるので、小顔効果もあります。 丸顔タイプの人は全体的に柔らかい印象が特徴的です。直線的なラインのスクエアやハーフリムフレームをかけることで、雰囲気をガラッと変えることができます。最後に、四角顔タイプの人は凛々しいイメージを持たれやすいです。オーバルやボストンといった丸いフレームをかけることで、柔らかい印象に変えることができます。